ダイエットサプリ・個人輸入代行「サカイファーマ」の個人輸入とは

個人輸入とは 定義Definition

日本国憲法において輸入に関する法律の中の関税法第二条では「外国から日本国に到着した貨物、又は輸出の許可を受けた貨物を本国に引き取ること」を輸入と呼ぶ内容の記載がありますが、「個人輸入」についての詳しい概要は財務省、及び、国税局や税関のホームページにも記載されていますが、はっきりとした定義が示されておりません。よって慣例として、一般的には「海外製品を個人使用の目的として小売店やメーカーから、通信販売で個人が直接購入すること」と解釈されています。

個人輸入の方法としては、ご自身で直接海外の通信販売サイトやメーカー・小売店などから購入するか、もしくは個人輸入代行サイトを通じて購入する 方法のいずれかになります。 日本国内では入手困難な物や未発売の物を購入することができ、日本で購入するよりも安く買える場合が多い(為替レートによりますが・・・)ことから、年々と個人輸入の利用者が増えていますが、日本への輸入が禁止となっている物もありますので、ご自身の判断で輸入される場合は税関で輸入禁止物として押収されることもありますので十分注意して下さい。代行サイトを利用すると、このようなトラブルを未然に防ぐことができるでしょう。

また、ご自身で個人輸入を行う場合、海外の通信販売サイトで注文するため、サイト内の外国語で記載された内容を把握・理解する必要があります。ドルで海外へ送金したり、商品が届かないとか、間違っていた、壊れていた場合のクレームも含め、購入から全ての事をご自分で行う必要があり、高い語学力が必須となります。

メリットとデメリット Merit / Demerit

海外から個人輸入で購入するメリットとデメリットについて考えてみましょう。多くの場合、円高により安く購入できたり、海外限定モデルなどの日本では発売されていない製品を購入することができます。医薬品に関しては、日本では承認されていない未承認医薬品を入手することができます。法に抵触しないものであれば、比較的簡単に輸入することが可能です。

しかし、メリットだけではありません。海外サイトが悪質な詐欺サイトの場合だけでなく、優良なサイトであっても、商品が届かない郵便事故や破損などのリスクが存在します。これらのトラブル発生時に、全て現地言語で応対する必要があるため一般の方には敷居が高いのです。

お金を払ったのに商品が受け取れない、カード情報が漏れたなどの被害にあった場合でも、サイトが国外の場合、日本の警察は取り扱ってくれません。とは言え、数千円~数万円の被害のために、外国の警察へ被害届を出すためには、多大な労力が必要です。メリットとデメリットを考えた場合、デメリットの被害リスクの方が高いのが現状です。

医薬品特有

薬事法では個人輸入に関する規定が設けられており、医薬品の個人輸入は【購入者本人が個人の使用だけを目的】として購入するのであれば違法ではありませんが、他の人への譲渡や転売は禁止すると記載されています。 また、個人輸入代行店が「お客様が個人輸入する注文手続きを代行する」という行為も違法ではありませんので、病院や調剤薬局などで処方される医薬品も処方箋なしで購入することが出来ます。

インターネットの普及を契機に、個人輸入で医薬品を購入される方が増えています。若い方は手軽に購入できるという利便性から利用者が増えており、高齢者の場合は、通院による体力的な問題や、高額な医療費および交通費が自己負担であるという金銭的理由が起因しているようです。 さらに、海外の医薬品は効果同じなのに値段が安い(ジェネリックの場合)という点だけでなく、こういった海外医薬品の多くが日本では未承認の場合が多いために、個人輸入の利用者が増えているとも言われています。 これは日本で新薬が承認されるまでに何年も年月がかかる問題が起因しており、日本国内の難病患者が海外の新薬を必要とする方にとっては個人輸入で購入することが最も近道であると言えるからです。 しかしながら、個人輸入で輸入した商品の使用に関する責任は全て個人にありますので、万が一ご自身で規制されている商品を購入しトラブルが生じた場合も自己責任となります。このような点からも多くの方が法的に問題のない商品のみを扱う個人輸入代行サイトから購入されるのです。

尚、利用者から見れば、商品が海外から届くこと以外は「国内の通信販売」と同じ感覚で利用できるのが個人輸入代行ですが、法的には「医薬品の通販」と「医薬品の個人輸入代行」は大きな差異があります。

個人輸入代行とは Personal Import Proxy Service

海外のサイトから商品を購入する個人輸入の手続きを代行するのが個人輸入代行です。ご自分で個人輸入をする場合には以下のような知識や行動力が必要となります。

海外サイトの規約内容を理解する語学力:
英語を基本とし現地語で記載された内容を把握する必要があります。
安全で信頼できる海外サイトか判断する:
米国の住所なのにサイトのサーバーが中国にあるとか、詐欺サイトの疑いが無いか判断する必要があります。
日本で輸入できない物でないか判断する:
麻薬成分、銃刀法、戦力機器など、細かい部分で輸入できない物もあります。
海外通貨で支払う:
海外への送金は意外と大変で高額な手数料がかかります。
配送トラブルへの対処:
商品が届かない場合、問い合わせる語学力が必要です。
商品破損時の対処:
破損状況の報告や返品(輸出)手続きも自分で行います。
騙された時の対処:
日本の警察は応対してくれませんので基本的に泣き寝入りになります。カード決済の場合、カード情報が流出する事もありますので、カードの利用停止手続きもした方が良いでしょう。

個人で輸入を手続きするのは大変なことから、当サイトのような個人輸入代行を利用される方が増えているのです。

お薬の個人輸入代行ついて

お薬を個人輸入代行で購入する場合、薬事法により制限されている事項があります。個人輸入は輸入者個人が使用するものを輸入することを許可する制度ですから、必ずご自分が使用する事が前提となります。男性用の医薬品を女性が輸入することはできません。 また、処方薬に関しては1カ月分、サプリメントに関しては3ヶ月分までと制限が定められています。個人輸入代行を利用すれば、このような制限に従って注文を受け付けて発送いたしますので、税関審査でトラブルが発生することを事前に防ぐことができます。

通販は多くの場合「まとめ買い」がお得です。賞味期限が長いのであれば、一度に大量に購入したほうが安いのは国内の通販も、個人輸入も同じです。しかし、大量の医薬品を一度に送付すると、上述した輸入数量の制限に抵触し、税関にて過剰分は没収されてしまいます。個人輸入代行を利用していれば、これらの没収がないように、1ヶ月毎に定期的に発送するなどの分割発送を利用する事でお得に購入できる製品もあります。

尚、海外から輸入する医薬品には処方箋は必要ありません。

安心の証優良認定店

安心安全

個人輸入代行で優良店であることを認定された代行店です。

優良代行店の『証』は、
「偽物を取り扱わない」、「配達を保証している」、「返品・返金の基準が定められている」だけでなく、
日本の薬事法に抵触しない「法律を遵守」した代行店に与えられます。

国際郵便物の郵便事故は国内宅配便に比べ格段に高い確率で発生し、それを防ぐことはできません。
優良代行店は、トラブル発生時の対処も確実ですので安心して個人輸入をお任せ下さい。