ダイエットサプリ・個人輸入代行「サカイファーマ」の商品リスト

C-r Exシーアールイーエックス

C-r Ex

品名 C-r Ex(シーアールイーエックス)
製造元 サカイファーマ社
お支払 カード決済・代引き
配送方法 ゆうパック(日本発送)
配達期間 3~5日

C-r Exの概要

C-r Ex(シーアールイーエックス)は、米国FDAが10年ぶりに承認した
ダイエット医薬品「コントレイブ」を独自に研究・解明し、医薬部外品のみで開発されたサプリメントです。
コントレイブについては、こちらをご覧下さい。

コントレイブは食欲を抑制し満腹感を与えることでカロリー摂取を控えるダイエット薬です。コントレイブは減量したい肥満傾向の方だけでなく、太りたくない人、食べ過ぎたくない人にも効果のある有効な成分ですので、スリムな体型を維持したり、減量後の体重維持(リバウンド防止)を目的とした使い方にも最適です。
食欲抑制タイプの抗肥満薬の効果は「ホンマでっかTV」でも紹介された成功するダイエットに効果的な製品です。

肥満の原因は、基本的にはカロリー摂取量とカロリー消費量のバランスが悪いからです。要するに「食べ過ぎ」が原因なんです。もちろん、ギャル曽根さんのように、あんなに食べても太らない人もいますが、あれは別な意味で病気です。逆に少し食べただけでも太ってしまう人もいます。しかしほとんどの方は、単なる食べ過ぎが原因でしょう。

一般的にダイエット方法を考えた場合、簡単に思いつく方法が食事の制限です。必ずしも肥満体型の方で無くても、一度は行ったことがある手軽なダイエット方法でしょう。しかし、効果が見えにくく、食べたいものを食べられないストレスから、長続きせずに挫折してしまう人がほとんどなんです。

効果的なダイエット方法は、バランスの良い適量な食事と、適度な運動です。健康的に痩せることができ体型もきれいになります。しかし、運動をすればお腹が空きます。でも食べ過ぎはダメです。これって、ストレスですよね?では、食べ過ぎないダイエット方法は無いのでしょうか?

一昔もふた昔も前の強制的な減量方法として下剤というのがありました。食べても腸で栄養を吸収する前に、下剤で強制的に排出させる方法です。でも、これじゃ、安心して電車になんか乗れません。現実的に今のOLさんには不可能です。そうなると、食べ過ぎない方法を考えるのがベストなのです。

食事前に水を飲んでお腹を膨らましておく、とか、ダイエット用のドリンクを飲んでから食事をする事で、全体の食事量を減らす方法があります。この方法は確かに減量効果はありますがリバウンドの可能性が高いことをご存知ですか? なぜなら、食事前にお腹を膨らましているため、体重が減っても胃の大きさが変わっていないんです。減量後も胃は大きいままなので、また食べ過ぎてしまい体重が戻ってしまいます。

そこで考えられる方法として、お腹が空かない(食欲が無い)状態を作り出すことで、お腹一杯になるまで食べるのを防止し、全体の食事量を減らす方法です。胃袋もいっぱいまで食べないので、ダイエットを続けることにより徐々に胃も小さくなり、リバウンドもしにくい身体を作ることが出来るのです。 このようなダイエット方法を提供するのがコントレイブなのです。

コントレイブを使ったダイエットは、食べたいものを我慢する必要が無いのでストレスが溜まりません。満腹感が早く来るため食べ過ぎることも無いので、食べたいものを食べてもいいんです。運動を併用すれば更に効果的で短期間で減量することができますが、太った肥満体質の方は運動が長続きしない傾向にあります。無理せず、食べ過ぎを防ぐだけでも十分に効果はあります。

しかし、現状ではコントレイブは気軽に誰もが使用できるものではありません。
日本国内で購入すると1本35,000円~40,000円と非常に高価であり、また、入手方法がご自身で現地に行き購入するか、個人輸入以外ないのが現状です。

そこで日本承認原料だけでコントレイブを研究・解明し、コントレイブと同様の効果が期待できると開発・発売されたのが「C-r Ex」になります。
また、価格帯もコントレイブに比べ非常に安価になっております。安心安全の完全国内生産商品です。

C-r Exの効果

健康補助食品になりますので、効果効能は謳えません。

しかし、コントレイブは医薬品成分ですが日本では承認されていない成分のため国内で販売することはできません。しかしながら、健康食品などからコントレイブの成分が検出されるケースが相次いでいます。 それらの国内承認原料のみで開発されたものですから、

  • 肥満気味
  • 血糖値が気になる
  • 中性脂肪が気になる
  • 体脂肪が気になる
  • 便通改善
このような方には、
最適なものとなっております。

C-r Exの引用方法

服用時期・服用間隔・服用量等を定める表現は医薬品的な用法用量に該当します。
なのでこちらの健康食品は基本的にはいつ・どのようにお飲みいただいても構いませんが、まずはお食事の後に、1日の目安量を分けてお飲みいただいてはいかがでしょうか。1日の目安量は1個から4個。飲み忘れのないようにするためには、例えば朝食の後など、決まった時に飲んでいただいても結構です。ご利用しやすい方法・タイミングで、毎日お続けいただくことが大切です。
また、粒を飲み込む際には、のどにつまらせないよう、ご注意ください。


商品のご注文はこちら